【Android Studio&Kotlin】変数を定義・宣言する書き方の基本

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
変数を定義・宣言する方法って特殊なので聞いてもいいですか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • 変数を定義・宣言する基本的な書き方がわかります。

変数を定義・宣言する基本的な書き方

対象者

大前提
  • 変数を定義・宣言する基本的な書き方がまだわかっていない方向けです。

Kotlinで変数を定義・宣言する

型を明示する

左側が変数の名称。

「:」の右側が型になります。

var string: String
var number: Int
ポイント
  • 型はコーディング規約で大文字で書くことが決まっています。

暗黙的に型を決定する

型を明示して初期化する

型が決定する場合、明示的に型を書くこともできる。

エラーになる書き方

型を明示していない

ポイント
  • Kotlinは、SwiftやJavaなどと同じように静的型付け言語なので、javascriptやRubyのような動的型付け言語のようにはいかないため、値をいれましょう。

明示した型と異なる型を代入してしまっている

nullをOKにする場合は型の最後に「?」を付ける必要があります。

Stringで数字はNG

Intで文字はNG

ポイント
  •  null を代入するとエラーになる。

まとめ

今回は変数を定義・宣言する書き方の基本についてお伝えしました。

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

 

参考はこちら

Kotlinで変数を定義・宣言・初期化する方法

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事