ストリームヤード(StreamYard)アプリの使い方と初期設定説明。ライブ配信でテロップをつける。

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
ストリームヤードってなんですか?

よしたか
ライブ配信の際にテロップが入るアプリです。発信ツールとして人気になりそうだよ。

 

この記事を読むことで
  • ストリームヤードの概要が分かります。
  • ストリームヤードの初期設定が分かります。

ストリームヤードとは

大前提
  • FacebookやYouTubeでライブ配信するのに、テロップを入れることができるツールになります。
  • 事前準備が必要ですが、ライブの流れをしっかりと構成した上で、発信するのにとても便利なツールになります。

ストリームヤードの設定方法

GoogleChromのブラウザから、右のStreamYard(ストリームヤード)のページに行きます。

>>ストリームヤードのページはこちら

左下にメールアドレスを入力します。

メールアドレスに、ログインコードが送られてきます。

メールの内容を記入するとログイン完了です。
 

 
 次回からページを表示すると、ログイン画面が開きます。

 

 

StreamYard(ストリームヤード)からライブ配信する場合、ライブ配信先を設定しておきます。

ストリームヤードの設定方法(Facebook編)

StreamYard(ストリームヤード)のライブ配信先をFacebookにします。

Facebookページに接続するために、Facebookにログインします。

個人ページにログインしたら、接続するFacebookページのリストが表示されます。

 

※Facebookページが1つしかない時は、1つしか表示されません。

 

  1. 選択するFacebookページにチェックを入れてください。
  2. StreamYard(ストリームヤード)の『確認・編集』をクリック。

次の選択画面が出ます。

 

※『See all Pages』をクリックすると、全てのページが表示されます。

 

 

選択したFacebookページが、StreamYard(ストリームヤード)に表示されます。

他にもStreamYard(ストリームヤード)のライブ配信先として、

接続しておきたいものがあれば、destination を選択して、追加しましょう。

ストリームヤードの設定方法(You Tube編)

StreamYard(ストリームヤード)のライブ配信先にYouTubeチャンネルを追加します。

 

 

接続するアカウントを選択します。

複数のチャンネルが表示されます。

 
※StreamYard(ストリームヤード)からライブ配信する「Facebookページ」と「YouTubeチャンネル」が、表示されます。

 

BroadcastStudioに入ります。

 

『ブロードキャストを作成する』と

  • ライブ配信先
  • 新しい目的地を追加
  • スキップ
  • 録音のみ

という表示が出ますので、録音のみを選択します。

 

タイトルは記録用なので、「テスト」と記載し、CreateBroardcastをクリックします。

 

  • ミュートを解除
  • 音声が入るか確認
  • 画面に自分が写っているかどうかをチェック

 

BroadcastStudioに入る。をクリック

 

  1. 左下に『あなたはまだストリームの一部ではありません。
    クリックしてオーディオとビデオを追加します。』をクリック。
  2. 左下の四角い画面にカーソルを置くと、+のマークが出ます。
  3. プラスのマークをクリック。

 

StreamYard(ストリームヤード)のBroadcastスタジオに入っている状態です。

 


StreamYard(ストリームヤード)のBroadcastというスタジオに入った状態です。

ここまでできれば、画面が映るので初期設定は大丈夫です。

 

まとめ

今回はストリームヤード(StreamYard)アプリの使い方と初期設定についてお伝えしました。

テロップについては、余裕があれば記事書きます。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事