【Android Studio&Kotlin】基本の型・変数とコーディング規約。チートシート

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
kotlinのコーディング規約と変数の基本ってありますか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • kotlinのコーディング規約と変数の基本がわかります。

kotlinのコーディング規約と変数の基本

対象者

大前提
  • kotlinのコーディング規約と変数の基本が整理されていない方向けです。

コーディング規約

次のようなコーディング規約があります。

    4大ポイント
    • 変数名や関数名にはキャメルケースを用いる(例:createObject)。
    • 型名・クラス名は大文字で始める(例:String)
    • 関数名やプロパティ名小文字で始める(例:marginWidth)。
    • インデントには4個のスペースを用いる。

    2番めの大文字で始める癖がなかったので補完機能が十分に使えずに最初は戸惑いました。

    変数

    var は変更可能(ミュータブルな)変数を定義します。

    var a: Int = 1
    var b = 2
    var c: Int
    c = 3
    

    val は変更不可な(イミュータブルな)変数を定義します。

    val MAX_COUNT: Int = 1024
    val MAX_SIZE = 1024
    

    const をつけるとさらに効率的な定数を宣言できます。

    const val FOO = "Foo"
    

    基本的な型として下記があります。

    var a: Boolean = true		// 真偽値
    var b: Byte = 123		// 8ビット整数(-128~127)
    var c: Short = 123		// 16ビット整数(-32768~32767)
    var d: Int = 123		// 32ビット整数(-231~231-1)
    var e: Long = 123L		// 64ビット整数(-263~263-1)
    var f: Float = 12.3F		// 32ビット浮動小数点数
    var g: Double = 12.3		// 64ビット浮動小数点数
    var h: Char = 'A'		// 文字
    var i: String = "ABC"		// 文字列
    
    ポイント
    • 文字列の最後に「L」や「F」がつくのを忘れずに覚えておきましょう。小文字でも大丈夫なようです。

    真偽値(Boolean)

    真偽値は true または false で表します。

    var a1: Boolean = true
    var a2: Boolean = false
    

    数値(Byte, Short, Int, Long, Float, Double)

    数値は下記のように指定します。

    アンダーバー(_)は無視されます。

    123		10進数(Int)
    123L		10進数(Long)
    0x0F		16進数
    0b10111100	2進数
    123.4		実数(Double)
    1.23e2		実数(Double)
    123.4f		実数(Float)
    1.23e2		実数(Float)
    12_345_678	桁区切り
    ポイント
    • 桁区切りはよく出るようなので覚えておくと良いでしょう。

    まとめ

    今回は基本の型・変数とコーディング規約についてお伝えしました。

     

    ※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

     

    参考はこちら

    https://www.tohoho-web.com/ex/kotlin.html#any

    あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

    サイトをただ作るだけで満足ですか?

    あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

    良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

    正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

    私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

    しかも、これだけでは終わりません!!

    その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

    サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

    おすすめの記事