Laravel7でよく使うfactoryのfakerダミーデータのチートシート

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
 Laravelでダミーデータを入れるシートはありませんか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • Laravelのダミーデータ作成の種類がわかります。

Laravelのテストデータを入れる

初期設定

大前提
  • envファイルの設定を日本語設定にしておきましょう。
  • Laravelのダミーデータ日本語化で検索すると良いです。

よく使うダミーデータ

■■ 名前

$faker->name()

出力結果 斎藤 まさこ

 

■■ 住所
$faker->address()

出力結果 7443156 奈良県村山市東区加納町木村10-1-5

※郵便番号7桁もランダムで出力されます。

 

■■ 会社名(日本語)

$fake->company()

出力結果 有限会社 ○○ 株式会社○○

 

■■ ユーザー名
$faker->userName()

出力結果 kudo.kyosuke

 

■■ パスワード

$faker->password()

出力結果 DKVA_6K3S|

 

■■ country 国 Sierra Leone

$faker->country()

出力結果 カメルーン

 

■■ メールアドレス

$faker->email()

出力結果 ryosuke3@uno.com

 

安全な電子メール(存在しない電子メール)として以下の書き方もあります。

$faker->safeEmail()

 

■■ 電話番号

$faker->phoneNumber()

出力結果 0410-021-281

 

■■ 日付

$faker->date($format=‘Y-m-d’,$max=‘now’)

出力結果 1975-09-03

 

■■ クレジット番号

$faker->creditCardNumber()

出力結果 5540806828245734

 

■■ 配列の値をランダムに抽出

$faker->randomElement($gender)

出力結果 男

※変数を自分で作るようにしましょう。

 

■■ 2桁の数字をランダムに表示

$faker->randomNumber(2)

出力結果 12

※()の中の数字が桁数になります。

 

■■ 10~100のランダム値

$faker->numberBetween(10,100)

出力結果 58 など

 

■■ 正規表現

$faker->regexify(‘[1-9]{3}-[0-9]{4}‘)

出力結果 735-4103

※正規表現については、正規表現で検索してみてください。

 

■■ 性別 

$faker->randomElement($array=[‘男性‘,’女性‘])

出力結果 男性 or 女性

 

こちらでもできるっぽいです。

$faker->randomElement([‘男性’, ‘女性’])

 

配列の書き方はどちらでもできるようです。

できない場合は変数に格納しましょう。

 

■■ 誕生日

$faker->dateTimeBetween(‘-80 years’, ‘-20years’)->format(‘Y-m-d’)

※20歳から80歳になるように設定

出力結果 46

 

■■日本語の文章(文字数指定した文章)

$faker->realText()

※デフォルトは200(日本語)

※※30文字の文章の場合は次のように指定します。

$faker->realText(30)

文字系のダミーデータ

■■ 文字系

$faker->text()

出力結果 100文字の内容
 
※英語だったと思うので、日本語にする時はrealTextで対応しましょう。
 

■■ 1〜4つの単語で文章
$faker->sentence(rand(1,4)),  

出力結果 後ほど、検証した内容を貼り付けます。

 

■■ 単語

$faker->word()

出力結果 後ほど、検証した内容を貼り付けます。

 

■■ 単語数指定した文章

$faker->sentence(n)

出力結果 後ほど、検証した内容を貼り付けます。

※ nが単語数になります。

 

■■ max文字数までの文章

$faker->text(max)

出力結果 後ほど検証します。

factory(ファクトリー)の見本

モデル名はご自身で決定したデータベースの名称を入れます。

今回はCustomerモデル(データベース)にテストデータを入れています。

見本

$factory->define(App\Customer::class, function (Faker $faker) {

//配列を入れて、5つの中でランダムで出力
$note_memo = [
‘危険度A’,
‘危険度B’,
‘太客’,
‘期待大’,
‘激アツリーチ’,
];
 
‘name’ => $faker->lastName,
‘zip_code’ => $faker->postcode,
‘note’ => $faker->randomElement($note_memo),
‘month’ => $faker->month,
‘project_type’ => $faker->numberBetween(1, 5),
‘created_at’ => date(‘Y-m-d H:i:s’),
‘password’ => Crypt::encrypt(‘testpass’),
‘status’ => $faker->boolean,
‘name’ => $faker->name,
‘login_server’ => $faker->macAddress,
‘login_remote_ip_address’ => $faker->ipv4,
‘login_remote_host’ => $faker->ipv4,
‘login_user_agent’ => $faker->userAgent,
‘login_referrer’ => $faker->url,
 

‘password’ => Crypt::encrypt(‘testpass’),は、’testpass’を暗号化して保存しています。

まとめ

今回はLaravelでダミーデータを入れるフェイカーについてお伝えしました。

備忘録なので、自分も活用していきます。

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事