リーダブルコード(日本語版)をKindle(キンドル)で読む方法。プログラマーがおすすめしている書籍

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
リーダブルコードが売り切れで困っています。

よしたか
電子書籍で購入するのもアリかと思いますよ。

チームでプログラミングをする時に必要と聞いたので、日本版のリーダブルコードを電子書籍で購入し、導入した方法を説明します。

この記事を読むことで
  • リーダブルコードやプログラミングの書籍(オライリー本)をKindleで読む方法が分かります。

リーダブルコード(日本語版)をKindle(キンドル)で読む手順

ファイルをダウンロードする

>>オライリーの公式サイトで「リーダブルコード」販売ページに移動する。

大前提

    「Bookshelf」をクリックすると、「購入済みの商品」の一覧を閲覧できます:

    そしてここから、購入した電子書籍のファイルを全フォーマットをすべてダウンロードすることが可能です

    (ePub, mobi, PDF):

    ※ダウンロード可能なのは、先ほど購入前に確認しておいた、その書籍に用意されているフォーマットのみです。

    例えば「PDF」をクリックすれば、ごく普通に「.pdf」ファイルが手元にダウンロードされます。

    これで、オライリーの電子書籍の購入とダウンロード完了です。

    Kindleで読む(USB接続を利用する方法)

    Kindleで読む方法 2種類
    1. Send-to-Kindleと呼ばれるメールに添付して送信する
    2. KindleをパソコンにUSB接続して転送する

    利用が簡単な「USB接続を利用する方法」を紹介します。

    (※Send-to-Kindleを利用する場合、オライリーの本のファイルサイズが大きすぎるためメールに添付するハードルが高く利用しにくい)

    「mobi」または「PDF」をダウンロード

    オライリーから購入した電子書籍のファイルをダウンロードします。

     

    ※ Kindleが標準で対応している「mobi」ファイルをダウンロードしてください。

     

    すべてのオライリーの電子書籍に「mobi」形式が用意されているわけではありません。

    その場合は「PDF」ファイルでも利用可能です。

    (※「ePub」ファイルは、「mobi」へ事前に変換が必要です。ただしオライリーの場合、ePubがダウンロード可能の場合mobiにも対応しているので、mobiをダウンロードしてください)

     

    Kindleに転送

    Kindleをパソコンに接続してUSBドライブとして認識させた上で、「documents」フォルダを開きます

     

    「documents」フォルダの中に、直接ダウンロードした「mobi」ファイル

    もしくは、「PDF」ファイルをコピーします。

     

    ※画像では「.pdf」と「.mobi」の両方をコピーしています。

    ※どちらか片方をコピーすれば、書籍を読むことができます。

     

    「.mobi」のほうがKindleにとって標準的で、機能的におすすめですが、紙のオライリーと同じレイアウトで読みたい場合は「.pdf」のほうが適切です。

    ※「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?

    (新しい場所へコピーできないプロパティを持っています)」が表示される場合は「はい」をクリックしてコピーします。

    Kindleで読む

    パソコンとの接続を解除してホームを開くと、そこに購入したオライリーの書籍が表示されます。

     

     

    Amazonで購入したKindle版書籍と同様の操作で読み進めることができます。

    (※この方法では、別端末とのファイル同期・メモ同期、読んでいる場所の同期ができません)

    まとめ

    PCとiPadのKindleで、オライリー本を見ることができるようになりました。

    プログラムを始める人は、Kindleでの購入を考えてみてはいかがでしょうか?

     

    あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

    サイトをただ作るだけで満足ですか?

    あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

    良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

    正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

    私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

    しかも、これだけでは終わりません!!

    その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

    サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

    おすすめの記事