何が違うの?Webデザイナーとコーダーの違いとは・・。簡単に線引きしてみました。

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Webデザイナーとコーダーの違いってなんですか?

よしたか
かなり線引きが曖昧な部分がありますが説明します。

専門的な業種と作業工程なども含めて考えてみて下さい。

この記事を読むことで
  • Webデザイナーとコーダーの違いがわかります。

Webは境界線が曖昧です

WEB業界の専門的な職種

ホームページの制作やWebコンテンツの制作では次の様に分かれています。

ホームページの役割

  • ホームページやWebコンテンツの仕様を作成するディレクター
  • プログラミングを専門とするプログラマー
  • イラストやグラフィック制作を専門とするグラフィックデザイナー
  • WebページのデザインとWebページのHTMLデータを作成するコーディングを行うWebデザイナー

     

    それぞれの作業を専門とするスタッフが

    チームとなって制作するケースが多くあります。

     

    制作の際、中には複数の作業を兼任する人もいて、

    そのため「Webデザイナー」という言い方が広域の意味で使われる場合もあります。

     

    Webサイトの作り方の順番

     

    Webの作り方の順番として・・・・

     

    クライアントの要望、イメージ、サイトの仕様などを元にしてデザインを作ります。

    (Photoshop・illustratorなどのグラフィックソフトを使用する)

    ↓ ↓ ↓

    そのデザインを元に「HTML」と「CSS」といった言語を使って、

    デザインした通りにWeb上で見られるようにするための作業がコーディングです。

    Webデザイナーとコーダーの違い

    Webデザイナーとは

    Webページをデザインしてコーディングを行う人のことです。

     

    一方・・・・・・

     

    コーダーはWebページのデザインをパーツにして

    HTMLとCSSを組んで

    Webページのデータを作っていきます。

     

    デザイン画像を・・・

    ホームページの役割

    • メイン画像
    • ヘッダー
    • メニュー画像

      といったパーツにわけて

      そのパーツ化した画像を使用してWebページを作っていくのです。

      Webデザイナーとコーダーの大きな違い

      最も大きな違いとして・・・・

      Webページのデザイン案を作ることと

      クライアントとやり取りなどを行うかどうかです。

       

       

      企業のホームページや店舗のホームページは

      その企業や店舗のイメージが重要なため

      デザインのウェイトが高くなります。

       

       

      そのためWebページのデザインについて

      複数のデザイン案を提出するなどして

      クライアントとやり取りを行います。

       

       

      Webデザイナーは

      デザインが決定するまでのクライアントとの

      やり取りや作業が業務の中に含まれているのです。

      コーダーの役割

      コーダーは出来上がったデザインを元に

      コーディングを行う作業を専門としています。

      まとめ

       

      つまり・・・・・・

       

      Webデザイナーの役割

      • 制作の企画
      • クライアントとの話し合い
      • デザインの案の作成

        などの上流工程から作業するのが、Webデザイナー。

         

        WEBデザイナーが作成したデザインを

        WEBサイトに落とし込むコーディングを行うのがコーダーです。

         

        簡単ではありますが

        違いについてまとめておきました(^^)

        あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

        サイトをただ作るだけで満足ですか?

        あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

        良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

        正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

        私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

        しかも、これだけでは終わりません!!

        その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

        サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

        おすすめの記事