【Android Studio&Kotlin】枠線の角を丸める・枠線を太くする・枠線の色を変える方法

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Kotlinで枠線の角を丸める・枠線を太くする・枠線の色を変える方法はありますか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • Kotlinで枠線の角を丸める・枠線を太くする・枠線の色を変える方法でわかります。

Kotlinで枠線の角を丸める・枠線を太くする・枠線の色を変える方法

対象者

大前提
  • xmlファイルの追加方法を理解している。

基本的な流れ

TextViewやButtonに角丸や枠線を付けたい時の基本的な流れは以下の2点です。

 

  • drawableディレクトリ直下にxmlファイルの作成
  • レイアウトファイルのbackGroundにxmlファイルを指定

 

viewの外周に枠線を描きたい場合

.xmlで枠線を描画してそれをViewのstateでbackGroundに指定します。

drawableディレクトリ直下にxmlファイルを作成

xmlファイルは自分でお好きな名前を指定して作成して下さい。

 

基本的な枠線の指定はこんな感じになります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<shape xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
    <stroke android:width="5dp"
        android:color="@color/COLOR_RED"/>
</shape>

 

ポイント
  • androidLayout用の定義であることを明確にする識別子です。
    ルート要素には必ず指定する必要があります。

xmlns:android=”http://schemas.android.com/apk/res/android”

2行目は線の状態を定義していきます。

ここの種類が多いので下によく使う状態を書いておきます。

 

xmlファイルで丸みを指定

android:shape="rectangle">

は長方形を指定しています。

今回はこの部分については詳細は割愛します。

重要なのは・・・・・

<!-- 角の丸み -->

<corners android:radius="6dp" />

サンプルは次のようにしておきます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<shape xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:shape="rectangle">


<!-- 背景色 -->
<solid android:color="#ffffff" />

<!-- 角の丸み -->
<corners android:radius="6dp" />

<!-- 枠線 width:線の幅、color:線の色 -->
<stroke
android:width="2dp"
android:color="#00b489" />
</shape>

 

ポイント

Shapeタグの中に情報を含むことができるので以下を入れてみました。

  • 背景色  <solid
    color.xmlと併用することをおすすめします。
  • 角の丸み  <corners
    topLeftRadius/topRightRadius/bottomLeftRadius/bottomRightRadius/radiusで指定できます。
  • 線の幅・線の色  <stroke

せっかくなので他の指定方法も掲載しておきます。

ポイント

Shapeタグの中に情報を含むことができる情報

  • 空白  padding
    →top,bottom,left,rightそれぞれ指定する必要があります。
  • xmlの大きさ <size
    高さと幅を指定「width・height」

まとめ

今回はKotlinで枠線の角を丸める・枠線を太くする・枠線の色を変える方法についてお伝えしました。

 

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

 

参考はこちら

https://qiita.com/yukiyamadajp/items/15fc68dc88b57734149b

 

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事