【Android Studio&Kotlin】android:gravity=””  android:layout_gravity=””の違い。画面のレイアウトに必須

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
android:gravity=”” android:layout_gravity=””の違いはなんですか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • gravity と layout_gravity の違いがわかります。

gravity と layout_gravity の違い

対象者

大前提
  • Androidの画面レイアウトを調整している初学者向けです。

gravity と layout_gravity の違い

ポイント
  • gravity→ 部品の中(テキスト文字などの)位置指定。
  • layout_gravity→レイアウトの中での位置指定。

よく使う設定をメモ

公式ドキュメントのよく使う部分を抜粋しています。

int CENTER

サイズを変更せずに、オブジェクトをコンテナの中央の垂直軸と水平軸の両方に配置します。

int CENTER_HORIZONTAL

サイズを変更せずに、オブジェクトをコンテナの水平方向の中央に配置します。

int CENTER_VERTICAL

サイズを変更せずに、オブジェクトをコンテナの垂直方向の中央に配置します。

int CLIP_HORIZONTAL

フラグを立てて、オブジェクトのエッジを水平軸に沿ってコンテナにクリップします。

int CLIP_VERTICAL

垂直軸に沿ってオブジェクトのエッジをコンテナにクリップするフラグ。

int LEFT

サイズを変更せずに、オブジェクトをコンテナの左側にプッシュします。

int RIGHT

サイズを変更せずに、オブジェクトをコンテナの右側にプッシュします。

int TOP

サイズを変更せずに、オブジェクトをコンテナの上部にプッシュします。

int BOTTOM

サイズを変更せずに、オブジェクトをコンテナの下部にプッシュします。

int END

サイズを変更せずに、オブジェクトをコンテナの端にあるx軸の位置にプッシュします。

int START

サイズを変更せずに、コンテナの開始時にオブジェクトをx軸の位置にプッシュします。

複数の値を設定する方法

複数の値を指定するときは、|を使います
下から2行目の部分がそこに該当します。
<Button
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:gravity="end|center"
/>
以下のように2つを組み合わせて利用することが多かったです。
サンプル
  • android:gravity=”end|center”
  • android:layout_gravity=”end|center”
  • android:layout_gravity=”center|bottom”

まとめ

 

今回はandroid:gravity=”” android:layout_gravity=””の違いについてお伝えしました。

 

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

 

参考はこちら

パット見て参考にしたい方はこちらを見るとイメージがつかみやすいです。

http://beginner-goran.com/gravity/

 

公式ドキュメントも参考にしました。

https://developer.android.com/reference/android/view/Gravity

 

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事