こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
S3のデータを一気にダウンロードする方法はありますか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • Amazon S3のバケットのデータをローカルにダウンロードする方法がわかります。

Amazon S3のバケットのデータをローカルにダウンロードする方法

対象者

対象
  • AWS CLIが使えるように準備した方が対象

基本知識

3種類パターンがあります。

  1. アップロード
  2. ダウンロード
  3. S3バケットからS3バケットにコピー
ポイント
  1. aws s3 sync <ローカルパス> <S3パス> [options]
  2. aws s3 sync <S3パス> <ローカルパス> [options]
  3. aws s3 sync <S3パス> <S3パス> [options]

左に書いた方から右に書いた方へデータをコピーします。
オプション [options]についてはドキュメント参照してください

オプションはなくてOKです。

実際のコマンド

S3 URIはS3バケットのプロパティで確認することができます。

※流出していけいない内容が記載されているので今回は画像の掲載はしません

手順
  • ローカルPCにフォルダを作成します。(名称は自由 ここではimg_dir)

  • ローカルでフォルダに移動(自分はGit Bashを利用)
    >cd artist_img

  • コマンド(ダウンロード)
    D:\Users\ユーザー名\img_dir>aws s3 sync s3://ディレクトリ名/ D:\Users\ユーザー名\img_dir(D:\Users\ユーザー名\img_dir>aws s3 syncのデータをローカルの D:\Users\ユーザー名\img_dirにダウンロード)

まとめ

 

今回はAmazon S3のバケットのデータをローカルPCにダウンロード・アップロードする方法についてお伝えしました。

 

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事