こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
ローカルでできたデータを本番サーバーに移す手順のメモはありますか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • 本番サーバーにgit hubからデータを移す手順がわかります。

本番サーバーにgit hubからデータを移す手順

対象者

対象
  • 接続ツール「PuTTY」の使い方をまだ詳しくわかっていない人
  • git hubを使い切れていない人

接続ツール「PuTTY(パティ)」の設定

事前にPuTTYは公式サイトよりダウンロードしてください。

※おそらくどのパソコンにも入っていると思います。

以下はの設定です。

「PuTTY(パティ)」sessionの設定

  • localhost
    192.168.0.〇〇〇

  • port
    22が一般的っぽい
  • SSH のラジオボックスにチェック

「PuTTY(パティ)」名称のセットのルール

命名規則は各自で決めて良いです。

見本
  • 「タイトル_prod」

    〇〇システム_prod
    ※prodはproductionの本番の略です。

「PuTTY(パティ)」connection

  • Dateの設定
    Auto Login usernameに設定したユーザーネームを入れます。

    以上の設定が終了後セーブします。

セーブの設定方法

SessionのLoadSaveorDeleteStore
右のタブにある「save」をクリック

次からはタイトルをダブルクリックすることにより、サーバーに入ることができます。
※次回からputtyに入ったときには、タイトルをシングルクリックした後に「load」ボタンを押すと、情報を確認できます。

サーバーに入るとパスワードを求められるので、サーバーのパスワードを入力します。

ポイント

これで本番サーバーに入ることができました。
dockerのコマンドを入力することができる状態と、ほぼ同じ状態ができあがります。

本番環境にアップロードする

本番環境にアップロードする内容を記述します。

ローカルのPCで行う作業について

1 developブランチに移動
2 最新の情報をpullする
3 masterブランチに移動
4 コミットの確認
5 Masterブランチの最終のコミットをpullする
6 コミットがpullできたかlogで確認する
7 マスターブランチにデベロップブランチを繋げる
8 繋げたブランチをmasterブランチにアップロードする。

 ↓ ↓ ↓  以上の内容をコマンドで使っていくと次の流れになります。

git checkout develop
git pull origin develop
git checkout master
git log
git pull origin master
git log 
git merge develop
git push origin master

本番サーバーでのフロー

続いて、puttyで接続した本番サーバーでのフローを確認します。

1 まずは該当のフォルダに移動します。
2 ブランチの確認をします。(当然ながら、masterブランチしかない状態)
3 ローカルでpushしたマスターブランチをpullする。 これで本番環境に反映できました。
4 本番の動作チェックを実際に行ってみましょう。
  ↓ ↓ ↓
cd /home/src
git branch
git pull origin master

まとめ

今回は本番サーバにgithubから情報を移動する方法についてお伝えしました。

自分のメモに近いので画像は少ないですが、参考程度に見ていってください

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事