【Android Studio&Kotlin】Android API レベルとバージョンとは。パーミッション(権限)許可が必要な時はセットする。

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Android API レベルは開発にどう関係するんですか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。
当初対して気にせず開発を進めてしまい、ビルド時にエラーが起こってしまい、トラブルが起こってしまったので自分の戒めのためにもメモしておきます。
この記事を読むことで
  • Android API レベルが開発のどこに関係するかがわかります。

Android API レベルが開発に必要な理由

対象者

大前提
  • Android開発をしている人が対象になります。

API レベルとは

APIレベルとは、簡単に言えば、Androidバージョンに対応したAPI レベルがあるということです。

 

詳しく伝えるとAndroidプラットフォームのバージョンによって提供されるフレームワークAPIリビジョンを特定するユニークな整数です。

 

このAPI レベルを使用してアプリ開発者が行うことは主に次の2点です。

ポイント
  • 端末のバージョン(API レベル)でアプリの処理を分岐させる
  • Google Playでアプリを公開するバージョン(API レベル)を指定

    端末のバージョン(API レベル)でアプリの処理を分岐させる

    自分が開発していた時はPermissionでこの方法を使いました。マイクの許可権限やカメラの許可権限でこの部分を利用します。

     

    プログラム中で実行環境の端末のバージョンを判定してロジックを分ける方法を説明します。

    まずは、実行環境の端末のバージョンは次の値で取得できます。
    実際に取得できる値はバージョンではなくバージョンと対応するAPI レベルの値です。

    Build.VERSION.SDK_INT

     

    例えばバージョン5.0以上と未満で処理を分ける場合、次のようになります。

    if (Build.VERSION.SDK_INT >= Build.VERSION_CODES.LOLLIPOP) {
        // Android 5.0 以上のバージョンの処理
    } else {
        //  Android 5.0未満のバージョンの処理
    }

    if文の左辺でAndroid端末のAPI レベルを取得し、Build.VERSION_CODESの値を右辺に設定して、特定のAPI レベル以上であるかを判断しています。

    Google Playでアプリを公開するバージョン(API レベル)を指定

    アプリをリリースするためには、アプリを使用可能なOSのAPI レベルの範囲を指定する必要があります。

    例えばAndroid 5.0~8.0 までを対象のアプリにすると決めるということです。

     

    設定するのは以下の値で、この値にAPI レベルを使用します。

    ポイント
    • 最小バージョン(minSdkVersion
    • 対象バージョン(targetSdkVersion

    詳細は時間があったら別記事でアップしたいと思います。

    ちなみにgradleのファイルにこの内容を書かないとビルドエラーがおこります。

    まとめ

    今回はAndroid API レベルとバージョンについてお伝えしました。

     

    ※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

     

    あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

    サイトをただ作るだけで満足ですか?

    あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

    良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

    正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

    私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

    しかも、これだけでは終わりません!!

    その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

    サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

    おすすめの記事