【WordPress&Ultimate member】会員サイトの役割(権限)別に別の内容を切り替えて表示する方法

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Ultimate memberを会員のレベル別で表示できますか

よしたか
公式ドキュメントに載っているのでお伝えします。

 

この記事を読むことで
  • Ultimate memberの役割別に表示内容を変更できます。

Ultimate memberの役割別に表示内容を変える方法

対象者

大前提
  • 「Ultimate member」プラグインを利用していること

コンテンツを表示する場合の設定

コンテンツを次のショートコード囲みます。

特定の役割にコンテンツを表示する

 [um_show_contentroles = 'um_sample'] 
<!-ここにコンテンツを挿入   権限の人のみに表示したい内容--> 
[/ um_show_content]

um_show_contentroles」の部分は変更しないでください。

ポイント
  • 「’member’」の部分はUltimate memberプラグインの「ユーザー権限グループ」の「Role ID」が入ります。

コンテンツを非表示に設定する

特定の役割からコンテンツを非表示にする

 [um_show_content not = 'um_sample'] 
<!-ここにコンテンツを挿入 権限の人のみに表示したい内容->
 [/ um_show_content]
ポイント
  • 「um_show_content not」と先ほどと変わるので注意が必要です。

まとめ

今回はUltimate memberの権限別の表示切り替え方法についてお伝えしました。

 

役割別に変更したい方はぜひショートコードを活用してみてください。

参考はこちら(公式サイト)

https://docs.ultimatemember.com/article/226-restrict-content-on-a-page-post-to-specific-users-community-role

その他にログインユーザーのみに表示する

https://docs.ultimatemember.com/article/177-restrict-content-on-a-page-post-to-logged-in-users

 

[um_loggedin]

このテキストはログインしたユーザーだけが見ることができます

[/ um_loggedin]

 

ログアウトしたユーザーのみに表示するショートコードなどもありますので公式ドキュメントを見てみてください。

	[um_loggedout]このテキストはログアウトしたユーザーだけが見ることができます[/ um_loggedout]
あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事