Docker Compose を利用して、PCに(ローカル環境)でWordPress(ワードプレス)の仮想環境を構築する手順。

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Docker ComposeでWordPress(ワードプレス)の環境を作ることができますか? ?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • Docker Composeでワードプレスの環境を作ることができます。

Docker ComposeでWordPress(ワードプレス)の環境を作る方法

Docker のインストール

まずはDocker Desktopをインストールしていきましょう。
公式サイトからダウンロードしてきます。

※ダウンロードには会員登録が必要です。

 

無事にインストールできたか確認してみます。
macのターミナルを起動して、以下のコマンドを実行します。

dockerのバージョンを確認する。

$ docker -v
Docker version 18.09.2, build 6247962

$ docker-compose -v
docker-compose version 1.23.2, build 1110ad01

※dockerがインストールされれば、docker-composeもあわせてインストールされます。

docker-compose.ymlの作成

整理しやすいディレクトリを作ります。

その中にdocker-compose.ymlファイルを作成します。

大まかな手順とコマンド
  • 「wp」ディレクトリを作成します。
    $ mkdir wp

  • 「wp」ディレクトリに移動します。
    $ cd wp

  • 「wp」ディレクトリに「docker-compose.yml」を作成。編集画面を開きます。
    $ vi docker-compose.yml

docker-compose.ymlの中身は貼り付けていきましょう。

※もしかするとバージョンの数字が上がっていくかもしれません。

記事があなたに見られる頃は、version: ‘3’か’4’になっていくかもしれません。

docker-compose.ymlの内容

version: ‘2’

services:
  db:
    image: mysql:5.6
    volumes:
    – db_data:/var/lib/mysql
    restart: always
    environment:
    MYSQL_ROOT_PASSWORD: root
    MYSQL_DATABASE: wordpress
    MYSQL_USER: wordpress
    MYSQL_PASSWORD: wordpress
  wordpress:
    image: wordpress:latest
    depends_on:
      – db
    ports:
      – “8080:80”
    restart: always
    volumes:
      – ./wp-content:/var/www/html/wp-content
    environment:
    WORDPRESS_DB_HOST: db:3306
    WORDPRESS_DB_USER: wordpress
    WORDPRESS_DB_PASSWORD: wordpress
    WORDPRESS_DB_NAME: wordpress
  volumes:
    db_data:

※ymlファイルなので、タブの場所(半角)が重要になります。
 ymlファイルについての書き方は検索してみてください。

WordPress最新版とmysql5.6のイメージを使用します。
またWordPressのテーマ開発が楽になるよう、wp-contentフォルダだけをマウントします。

wp-contentフォルダを保存する設定

volumes:
– ./wp-content:/var/www/html/wp-content

起動まで

以下のコマンドで起動します。

データベースとアパッチサーバーが起動しているかを確認する

Dockerを起動する

$ docker-compose up -d

※docker-compose.ymlに記載されているイメージをダウンロードして、
コンテナの起動までやってくれます。

起動したかの確認をする
$ docker-compose ps

以下のように表示されているのを確認しましょう。

データベースとアパッチサーバーが起動しているかを確認する

Name Command State Ports
——————————————————————————
wp_db_1 docker-entrypoint.sh mysqld Up 3306/tcp
wp_wordpress_1 docker-entrypoint.sh apach … Up 0.0.0.0:8080->80/tcp

※Status が「Up」になっていれば、無事に起動できています。

 

最終的に以下にアクセスすると、ブラウザに表示されます。

http://localhost:8080」にブラウザでアクセスします。

※port番号をymlファイルで変更している場合は、数字が変更されます。

まとめ

 

今回はDocker Compose を利用して、PCに(ローカル環境)でWordPress(ワードプレス)の仮想環境を構築する手順ついてお伝えしました。

最終的にアップロードする必要がありますが、今回はローカルPCにWordPressを入れて、操作する方法までの内容でした。

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事