WordPressの文字の大きさを変更するCSS。コピペで対応できる簡単方法

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
WordPressで文字の大きさを大きめにして見やすくしたいのですができますか??

よしたか
フォントサイズを変えていきましょう。

WordPressサイトの文字を全体的に大きくしたい・・・・

という要望がありましたので、設定方法について回答します。

この記事を読むことで
  • WordPressの文字の大きさを変更する方法がわかります。
  • WordPressのCSSの追加する場所がわかります。
  • CSSの貼り付ける内容がわかります。

WordPressの文字の大きさの指定

文字の大きさを変える場合は子テーマを編集する

 

親テーマを編集してもアップデートすると

元に戻ってしまいますので、子テーマを編集しましょう。

 

編集をするには・・・・

外観

テーマエディター(CSSの追加)

 

貼り付けるCSS

Webサイトの文字サイズは

CSSのfont-sizeプロパティの値で決まります。

body {
font-size: 15px;
}

 

文字サイズを大きくしたい場合は

font-sizeの数値を大きくします。

 

文字サイズを小さくしたい場合は

font-sizeの数値を小さくしてください。

 

例えば・・・・・

 

15pxから文字サイズを大きくしたい場合は

次のように修正します。

body {
font-size: 18px;
}

 

font-size: 18px;

↓ ↓ ↓

font-size: 12px;

値は任意で変更が大丈夫です。

ターゲットがご高齢なら文字を大きくするのもありです。

 

ご自身のお好みの大きさに合わせて

数字の修正を行ってください。

基礎情報

font-sizeの値の単位は、「px」、「%」、「em」などがあります。

(単位については、この記事では詳しく説明しません。)

 

ちなみに・・・・・

 

font-sizeの単位に「em」があります。

これは小数単位で文字サイズの指定ができます。

 

emの値が1以下の場合

小数点の前の「0」を省略することができます。

 

 

つまり・・・・・・

「.9em」と「0.9em」は同じ文字サイズを表します。

 

まとめ

デザインされる内容を変えてしまえば、文字の大きさも一定になります。

色々と試してみて下さい。

 

メルマガでも情報を小出しにしているので

登録してみて下さい(^^)

 

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事