【Android Studio&Kotlin】テキストのメッセージをまとめるファイルの設定方法「string.xml」と使い方

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Android Studio&Kotlinではテキストのメッセージをまとめることができるんですか??

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • テキストのメッセージをまとめるファイルの設定方法「string.xml」がわかります。

テキストのメッセージをまとめるファイルの設定方法「string.xml」

対象者

大前提
  • Android Studio&Kotlin初学者を対象にしています。

ディレクトリの配置

Valuesの中に「string.xml」を作成してください。

 

 

レイアウトにボタンを設定する「activity_main.xml」

activity_main.xmlのファイルの中を確認します。

 

以下サンプルとして書き出します。

上のTextViewが直で書いた状態になります。

下のTextViewがString.xmlに書いた方法になります。


    <TextView
        android:id="@+id/textView1"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="TextSample1"
        android:textSize="120px"
        tools:ignore="MissingConstraints"
        tools:layout_editor_absoluteX="55dp"
        tools:layout_editor_absoluteY="126dp" />

    <TextView
        android:id="@+id/textView2"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/text_sample"
        android:textSize="100px"
        tools:ignore="MissingConstraints"
        tools:layout_editor_absoluteX="48dp"
        tools:layout_editor_absoluteY="243dp" />

 

テキストのメッセージを指定「string.xml」

string.xmlファイルにテキストと名称を指定します。

nameに使いやすい名称を設定します。

タグの中に表示したいテキストを追加します。

 

 

見本は以下のように書きます。

<resources>
    <string name="app_name">My Application</string>
    <string name="title_home">Home</string>
    <string name="title_dashboard">Dashboard</string>
    <string name="title_notifications">Notifications</string>
    <--ここから追加-->
    <string name="text_sample">サンプルテキスト</string>
</resources>
ポイント
  • 最初から入ってるものもあります。
  • <–ここから追加–>の以下のように追加していきましょう。

まとめ

 

今回はテキストのメッセージをまとめるファイルの設定方法「string.xml」と使い方についてお伝えしました。

 

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

 

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事