【Android Studio&Kotlin】android:orientation=”horizontal””vertical”の違いとは

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
android:orientation=”horizontal””vertical”は何を示しているんですか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • android:orientation=”horizontal””vertical”がなにかわかります。

【Android Studio&Kotlin】android:orientation=”horizontal””vertical”の使い分け

対象者

大前提
  • kotolinでアプリ開発をしていて、レイアウトファイルがどれか分かる状態で話をスタートします。
  • リニアレイアウト (LinearLayout)でレイアウトを紹介します。

LinearLayoutは縦か横に順番に並べる

リニアレイアウト (LinearLayout) はもっとも単純なレイアウトの1つで、子の要素を縦または横の一列に並べるレイアウトです。

 

android:orientation 属性 vertical または horizontal を指定することで、それぞれ縦、横に並べることができます。

ポイント

android:orientation="vertical"

にすると縦にレイアウトが並んでいきます。

android:orientation="horizontal"

にすると横にレイアウトが並んでいきます。

レイアウトファイルの設定「activity.xml」

重要なのは上から3行目の部分になります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
</LinearLayout>

 

とりあえずButtonを並べるために以下のようにしてみましょう。

 

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    >
    <Button
      android:id="@+id/button_1" 
      android:layout_width="fill_parent"
      android:layout_height="wrap_content"
      android:text="Button 1"/>
    <Button
      android:id="@+id/button_2"
      android:layout_width="fill_parent"
      android:layout_height="wrap_content" 
      android:text="Button 2"/>
    <Button
      android:id="@+id/button_3" 
      android:layout_width="fill_parent"
      android:layout_height="wrap_content"
      android:text="Button 3"/>
</LinearLayout>

まとめ

今回はandroid:orientation=”horizontal””vertical”の違いについてお伝えしました。

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

 

参考はこちら

https://android.keicode.com/basics/ui-linearlayout.php

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事