Python(パイソン)の開発環境を用意する方法。MacのターミナルでPythonの3系をインストールする方法・手順

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
MacでPython(パイソン)を利用するにはどうしたらよいのでしょうか?

よしたか
僕もかじったばかりですが、コピペでできました。
この記事を読むことで
  • MacのターミナルでPythonの3系を利用する方法がわかります。

Macでは初期状態で、ターミナルの利用

環境構築を始めるにあたって、必要なツールを用意しましょう。
今回は「ターミナル」というツールを使用していきます。
※ターミナルとはコンピュータを操作するためのツールです。Macでは初期状態で、ターミナルがインストールされています。
ターミナルを使う順序
  1. 「Finder」
  2. 「アプリケーション」
  3. 「ユーティリティ」フォルダ
  4. 「ターミナル」ダブルクリックで開く。

ターミナルを用いてPythonの環境構築

ターミナルを用いてPythonの環境構築を進めていきましょう。
実はMacでは標準でPythonがインストールされています
(ですが、標準でインストールされているPythonは、ややバージョンが古い問題)
※ バージョンとは
多くのプログラミング言語では「バージョン」と呼ばれる番号で状態を管理・更新しています。
(一般的に、数字が大きいほど最新のバージョンとなります。)
今あなたのMacにインストールされているPythonのバージョンを確認してみましょう。
ターミナルに以下のコマンドを入力し、「Enter」キーを押して下さい。
入力する コピペOK
python --version
一番最初の数字が「2」から始まっていると思います。

Pythonの「2系」「3系」

Pythonのバージョンのうち、バージョンを表す数字が「2」から始まるものを「2系」と呼びます。
現在、Pythonではバージョンが「3」から始まる「3系」と呼ばれるものも存在します。
Pythonの場合、「2系」と「3系」は異なっている部分が多く、コードの書き方も違います。
最近の説明の多くは主に「3系」に対応していますので、特に理由がない場合には「3系」を利用していくことをおすすめします。

まとめ

現在学習中ですので、参考程度にしてください。

環境などによってはできない場合もありますが、この記事を参考にしていただければ幸いです。

 

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事