【Android Studio&Kotlin】アプリ開発でタップした時のキーボード表示の画面スクロールの対処法

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
キーボード表示されると入力場所が隠れるんですけどどうやって対処しますか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。
この記事を読むことで
  • キーボードを表示したときの隠れてしまった場合の解決ができます。

アプリ開発でタップした時のキーボード表示の画面スクロールの対処法

Kotlinでアプリを開発する時に利用します。

キーボードを表示する時に2種類の方法

“adjustResize”

The activity’s main window is always resized to make room for the soft keyboard on screen.

“adjustPan”

The activity’s main window is not resized to make room for the soft keyboard. Rather, the contents of the window are automatically panned so that the current focus is never obscured by the keyboard and users can always see what they are typing. This is generally less desirable than resizing, because the user may need to close the soft keyboard to get at and interact with obscured parts of the window.

翻訳すると

「adjustResize」

アクティビティのメインウィンドウは、画面上のソフトキーボード用のスペースを確保するために常にサイズ変更されます。

「adjustPan」

アクティビティのメインウィンドウは、ソフトキーボード用のスペースを確保するためにサイズ変更されていません。むしろ、ウィンドウの内容が自動的にパンされるため、現在のフォーカスがキーボードによって隠されることはなく、ユーザーは入力内容をいつでも確認できます。これは通常、サイズ変更よりも望ましくありません。これは、ユーザーがウィンドウの隠された部分にアクセスして操作するために、ソフトキーボードを閉じる必要がある場合があるためです。

 

要約すると

AdjustResize =ページコンテンツのサイズを変更する

AdjustPan =ページコンテンツのサイズを変更せずにページコンテンツを移動する

結論

AndroidManifest.xmlファイルに以下の1行を追加します。

<activity android:windowSoftInputMode="adjustResize"> </activity>

こんな部分があると思うので追加してみてください。

 

 

<application
    android:allowBackup=""
    android:icon=""
    android:label="@string/app_name"
    android:roundIcon="@mipmap/"
    android:supportsRtl="true"
    android:theme="@style/AppTheme"
    android:usesCleartextTraffic=""
    tools:targetApi="">
    <activity android:name=".MainActivity"  android:windowSoftInputMode="adjustPan" ></activity>

</application>
ポイント
  • 追加する時は

    “adjustResize”にするか”adjustPan”にするかは実際に試してみてください。

まとめ

今回はKotlinで困ったキーボードの表示方法についてお伝えしました。

 

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

 

参考にした部分はこちら

https://stackoverflow.com/questions/17410499/difference-between-adjustresize-and-adjustpan-in-android

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事