【Android Studio&Kotlin】テキストボックスをタップすると全選択状態にセットする方法Android EditText – Focus on it and select all text

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
テキストを全選択状態にする方法はありますか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • Kotlinで全選択する方法の3種類がわかります。

テキストボックスを全選択状態にする方法

全選択の方法は複数ある

大前提
  • 3種類の方法で試しましたが、起動する場合と起動しない場合があるので、ご自身の環境で試してみてください。

1つ目 actibity_main.xmlに記述

layoutフォルダの画面を表示しているファイルを選択します。

基本はactibity_main.xmlだと思います。

 

その中でedittextの部分を探してください。

余計な部分はだいぶ省きましたが、一番下の行の部分が大事です。

<EditText
    android:id="@+id/editTextNumberDecimal"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="50dp"
    android:layout_gravity="center"
    android:selectAllOnFocus="true" />
ポイント
  • これだけでは自分は設定できなかったので下の方法も追加して設定しました。

2つめ フォーカスチェンジリスナー

editTextNumberDecimalはlayoutファイルの部分の

android:id="@+id/editTextNumberDecimal"

で自分で設定した部分を見てください。

MainActibity.ktファイルの中のoverride fun onCreateのなかで以下のように記述します。

editTextNumberDecimal.onFocusChangeListener = OnFocusChangeListener { view, hasFocus ->
    if (hasFocus) {
        //フォーカスが当たった処理
        editTextNumberDecimal.requestFocus()
    } else {
        //フォーカスが外れた処理
        editTextNumberDecimal.clearFocus()
    }
}
ポイント
  • フォーカスが当たったときと当たってないときの処理を書いてみました。
  • 自動フォーマットででたのでなぜか動きました。

 

3つめ クリックイベントリスナーでの設定

editTextNumberDecimalはlayoutファイルの部分の

android:id="@+id/editTextNumberDecimal"

で自分で設定した部分を見てください。

 

MainActibity.ktファイルの中のoverride fun onCreateのなかで以下のように記述します。

イベントリスナーでも設定しています

editTextNumberDecimal.setOnClickListener() {
    editTextNumberDecimal.setSelectAllOnFocus(true)
    editTextNumberDecimal.selectAll()
}
ポイント
  • スタックオーバーフローでの参考を見て、イベントで設定してみた方法です。

まとめ

 

今回はKotlinでテキストボックスを全選択上にする方法についてお伝えしました。

 

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

 

参考はこちら

https://stackoverflow.com/questions/4669464/select-all-text-inside-edittext-when-it-gets-focus

 

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事