こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
ララベル でコードを編集しても反映されないのは何故ですか?

よしたか
おそらくキャッシュのせいでしょう。

 

Laravel は内部のキャッシュを強く残す性質があるので、プログラムが反映してくれないことがよくあります。

そんなときは、Artisanコマンドのキャッシュクリア系や最適化のコマンドを実行します。

この記事を読むことで
  • プログラム初心者がコードの反映で困っている時の解決策になるはずです。

Laravelで編集して、ブラウザに反映されない時のコマンド

環境について

大前提
  • Dockerで共同作業を行っているときに発生した時にエラーが解決した内容になってます。

 

ブラウザでエラーが出る時の対応方法

基本的にエラーが起こる時はこの4つのうちのどれかをコマンドとして打ち込みます。

その後にローカルホストのブラウザで確認するとエラーが解消することが多いです。

全てのキャッシュをクリアにする
  • 1)設定ファイルとルートのキャッシュを作成
    2)ビューとアプリケーションのキャッシュをクリア

     
    $ php artisan config:cache

    $ php artisan route:cache

    $ php artisan view:clear

    $ php artisan cache:clear
     

上記のコマンドを実行しても動かない場合は、コード自体が間違っている可能性があります。

簡単な使い所の解説

設定ファイルのキャッシュを作成

.env や config/*.php のファイルを編集したら実行します。

コマンド

$ php artisan config:cache 

 
ビューのキャッシュをクリア

Bladeのキャッシュを削除するコマンドです。
/storage/framework/views の中のファイルをクリアにします。

コマンド

$ php artisan view:clear

 
ルートのキャッシュを作成

ルートキャッシュを作り直します。

routes.phpファイルを編集したら実行すると良いです。

コマンド

$ php artisan route:cache

 
 
autoloadを自動で生成

新たなクラス定義やファイル定義を行うたびに実行します。
(git pull で大きな変更があった場合は実行すると良いです。)

コマンド

$ composer dump-autoload

まとめ

 

今回はララベルで共同作業をしている時によく起きるエラーの解決方法について紹介しました。

といっても、実は自分が最初にコードに問題がないのに、同僚に一発で解決された内容です。

知っていると知らないでは時間の消費が違います。解決の一助にしてみてください。

 

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事