Docker,execでcomposer requireで”Allowed memory size of ○○ bytes exhausted”エラーの解決方法

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Allowed memory size of ○○ bytes exhaustedがエラーが出ました。直りますか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • ローカル環境でパッケージをインストールしようとして、composer requireをした際の一時的なエラーの解決方法がわかります。

Allowed memory size of ○○ bytes exhaustedの解決方法

Dockerで「composer require」コマンドを行うと上記のエラーメッセージが表示されました。

エラーの内容とエラーの解決方法について

エラー文章
  • Fatal error: Allowed memory size of ○○ bytes exhausted (tried to allocate 4096 bytes)

COMPOSER_MEMORY_LIMIT=-1でメモリの制限を無しにして、composer requireを走らせます。

解決するコマンド

このコマンドで解決
  • $ COMPOSER_MEMORY_LIMIT=-1 composer require xxxx/xxxx

    ※xxxx/xxxxの部分は、インストールするパッケージに合わせて書き換えてください。

※ 別のパッケージをインストールした際にも同じエラーが出たので、

設定を書き換えるわけではなく、あくまでもその場限りでメモリ制限を解除しているのだと思います。

補足

根本解決するには、なにやらメモリ割当の設定を設定する必要があります。

設定が大変そうだったので一時的な直る方法を今回は紹介しました。

まとめ

今回は”Allowed memory size of ○○ bytes exhausted”エラーについてお伝えしました。

一時的な解決方法ですので、設定で直す方法もありますので、そちらはそちらで検索してみてください。

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事