AWS Cloud9 デフォルトのRailsのバージョン変更方法「5.2.3」にする方法(やり方)

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
AWS Cloud9 の環境を作成したら、Railsのバージョンが5.0.0だったので最新にしたいです。

よしたか
僕も勉強中なので、解決した手順を記録として残していきます。

AWS Cloud9 デフォルトのRailsのバージョンを変更していきます。

バージョンを合わせないと教材などができないことがあるので、変更する必要があるので利用してください。

この記事を読むことで
  • AWS Cloud9 の環境を作成したら、Railsのバージョンが5.2.3に変更できます。

Railsのバージョンが5.2.3に変更

最初に入力すること

 

$ gem i rails

 

バージョンの確認

自分のバージョンを確認します。

$ rails -v 
Rails 5.0.0

 

インストールしているものを確認

$ gem list rails 
*** LOCAL GEMS *** 
rails (5.0.0)

 

*** LOCAL GEMS ***より下に、インストールされているバージョンがわかります。

LOCAL GEMSにインストールする

*** LOCAL GEMS ***の中で、数字の部分を変更して、バージョンを変更しましょう。

 

$ gem i -v 5.2.3 rails

 

確認してみましょう。

$ gem list rails 
*** LOCAL GEMS ***
 rails (5.2.3, 5.0.0) 

 

*** LOCAL GEMS ***の中でに入っているバージョンの中で、数字の部分を変更して、バージョンを変更しましょう。

バージョンの確認をしてみましょう。

$ rails -v 
Rails 5.2.3

 

※環境情報

環境情報

Type: EC2

EC2 instance type: t2.micro

OS: Amazon Linux 

Ruby: ruby 2.6.3p62

まとめ

AWS Cloud9 の環境を作成したら、Railsのバージョンが5.2.3に変更できました。現在学習中ですので、参考程度にしてください。

環境などによってはできない場合もありますが、この記事を参考にしていただければ幸いです。

 

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事