「Laravel×MySQL」のカラムのオプション・インデックスの一覧チートシート

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
$table->default(0)、->nullable(false)、->unsigned()、->after(‘カラム名’);、->unique(‘カラム名’)ってなんですか?

よしたか
学んだことをアウトプットしていきます。

 

この記事を読むことで
  • $table->default(0)、->nullable(false)、->unsigned()、->after(‘カラム名’);、->unique(‘カラム名’)の意味がわかります。

カラムのオプション・インデックスの一覧チートシート

カラムのオプション

データベースに初期値を入れてしまう方法です。

defaultを設定

$table->データ型(‘カラム名’)->default(デフォルトの値や文字列);

(例)$table->string(‘user_id’)->default(0); //NULL,など

データベースに空白「NULL」を許可する方法です。

NULLを許容/許容しない

空白を許可する場合

$table->データ型(‘カラム名’)->nullable(); 

空白を許可しない場合は、falseを追加します。
$table->データ型(‘カラム名’)->nullable(false); 

データベースの数字にマイナスを入れない方法です。

※データ型の頭文字につける方法もあります。

符号なし属性

$table->データ型(‘カラム名’)->unsigned();

データベースに追加カラムの場所を指定することができます。

追加カラムの位置指定

$table->データ型(‘カラム名’)->after(‘カラム名’); 

※MySQLのみ

 

カラムのインデックス

データベースにインデックスをつけます。

カラムにインデックスを追加

$table->データ型(‘カラム名’)->index(‘カラム名’);

データベースの値が重複しないようにする方法です。

カラムにユニークキーを追加

$table->データ型(‘カラム名’)->unique(‘カラム名’);

 

まとめ

今回はLaravelのマイグレーションファイルのオプションとインデックスについて代表的なものについてお伝えしました。

忘れたときは参考にしてみてください。

※プログラミングは習得中ですので、参考程度に記事を読んでください。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事