WordPressテーマ「Diver」はソースコードを埋め込むためのプラグインはいらない。

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
WordPressテーマ「Diver」でソースコードは埋め込めます?

よしたか
ダイバーは製作者さんが初期設定で搭載してくれているので利用しましょう。。

 

プログラマーの発信者が増えてきたので、ソースコードの入力方法をお伝えします。

この記事を読むことで
  • WordPressテーマ「Diver」を使っている人の、ソースコードの埋め込み方がわかります。

WordPressテーマ「Diver」でソースコードを表示する方法

ソースコードを表示する方法はプラグインか初期搭載機能に別れる

大前提
  • WordPressテーマ「Diver」以外のテンプレートは、別記事でおすすめのプラグインを紹介しています。

今回は「Diver」というテンプレートを利用しているユーザーに向けての執筆になります。

WordPressテーマ「Diver」でソースコードを埋め込む方法と手順

投稿記事の操作画面で次のステップで入力補助を行ってください。

「Diver入力補助」⇒「コード」

コードがソースコードを入力する画面になります。

 

次に使用する言語を設定します。

よく使うのは「CSS」ですかね。

自分が使うのはPHPなのでPHPをよく使います。

 

ビジュアルモードでは次のように表示されます。

 

最終的にプレビュー画面でどう変化しているか確認して、調整してみてください。

まとめ

 

今回はWordPressテンプレート「Diver」でソースコードを表示する方法についてお伝えしました。

同じテンプレートを利用している人はぜひこの機能も使ってみてください。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事