Rubyでのfind_byメソッドの注意点と使う場面。Progateで基本のプログラミング学習

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Rubyでのfind_byメソッドとはなんですか?

よしたか
Railsを行っていると、Rubyを忘れてたので、整理しておきます。

Progateを行っている際に忘れていたので、簡単に整理しておきました。

この記事を読むことで
  • Rubyでのfind_byメソッドの注意点と使う場面が分かります。

Rubyでのfind_byメソッド

find_byメソッド

特定のidの投稿を取得するためには、find_byメソッドを用います。

find_byメソッドは、ある条件に合致するデータを取得することができます。

整理

「モデル名.find_by(カラム名: 値)」とすることで、その値を持ったデータをデータベースから取得することができます。

ルーティングで使用

Progateで出る

ルーティングのURL部分に「:」を用いて「posts/:id」と指定すると・・・・

「/posts/1」でも「/posts/2」でもshowアクションにいくようにすることができます。

↓ ↓ ↓

「posts/:id」と書くと「/posts/◯◯」のような全てのURLが該当します。

※注意点

「posts/:id」というルーティングは、「posts/index」の記述より下に書きます。

 

理由は・・・・・

ルーティングは、合致するURLを上から順に探すからです。

 

そのため「posts/index」よりも上に書くと、「localhost:3000/posts/index」というURLの

「posts/:id」というルーティングに合致してしまい、表示されなくなります。

まとめ

MVCモデルを考えて使うと混乱しますが、何度も行っていれば、徐々に理解できるようになります。

何度もプログラミング言語を学んでいきましょう。今回の記事は、参考程度に留めて下さい。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事