Railsの「@変数」は、どうやって使うの?入力する場面を整理する。Progateで基本のプログラミング学習

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
Railsの@が出てくるんですが、これはなんですか??

よしたか
僕の学んだことを載せておきますね。

Progateを行っている際に忘れていたので、簡単に整理しておきました。

この記事を読むことで
  • Railsの@変数の基本が分かります。

Railsの@変数の基本

「@〇〇」が示すこと

通常、アクションで定義した変数をビューで使用することはできません。

 

ただし、変数名を「@」から始めることでこの変数は特殊な変数となり、ビューファイルでも使用することができます。

アクションで定義したビュー用の変数に、@」をつけ忘れないようにしましょう。

見本 controller_rb

def index

 @post6 = “ここに文字を入力”

end

※ コントローラ内の def 〜 end までがアクションになります。

見本 index.html.erb
<%= @post6 %>
 
ビューファイルで表示されるのは、<%= @post6%>の「ここに文字を入力」
※ コントローラファイルもビューファイルも 「@」がついています。
※ Rubyでは#{ }を用いて変数の値を文字列中に表示することができます。
ヒント
#{ }を使用すると、文字列の中で変数の値を表示することができます。

着眼点 コントローラファイル ⇒ ビューファイル

コントローラファイルからビューファイルを表示する時に、@を使用した変数(@変数)を使用します。

2つのファイルが跨がる時に利用されるということを掴んでおくと良いでしょう。

まとめ

MVCモデルを考えて使うと混乱しますが、何度も行っていれば、徐々に理解できるようになります。

何度もプログラミング言語を学んでいきましょう。今回の記事は、参考程度に留めて下さい。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事