WordPressのオリジナルテーマ開発制作に使える「テーマユニットテストデータ」のダウンロードとインストール方法

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
WordPressのテーマ制作の際にでもデータをダウンロードできます?

よしたか
テーマユニットテストデータが使いやすいですよ。

今回は WordPress のオリジナルテーマを制作する人のためにテストデータがあることを伝えしていきます。

この記事を読むことで
  • テストデータがあることによって、テスト表示するサンプルが手に入り、 記事の一覧の表示や画像の回り込みなどの基礎的な部分を確認することができます。

テーマユニットテストデータ

WordPressのテーマを開発する際に、テーマの表示を確認するための「テーマユニットテストデータ」というものがあります。
投稿や固定ページやコメント、メニュー等で崩れがないか確認できるダミーデータです。

様々な場合を想定したデータとなっています。

チェックできること
  • 投稿タイトルが長い
  • 投稿タイトルが短い
  • 各種タグ
  • 画像の回り込み
  • 特殊文字
  • カテゴリー
  • 階層の深いコメント

テーマユニットデータのダウンロード(手順)

ダウンロードは公式サイトから確認ください。

>>公式サイトはこちら

 

 

WordPressの操作

(ツール→インポート→WordPress→今すぐインストール→インポーターの実行)

 

(ファイルをドラッグアンドドロップ。ファイルをアップロードしてインポート)

下の画像がダウンロード後に、解凍したものです。WordPress-thema-test-data-ja-xmlファイルをドラッグアンドドロップします。

 

どれもチェックせず、実行しましょう。

 

メディアは必要ないのでインポートに失敗しても問題ありません。

 

43件の投稿が入り、全体を確認することができます。

まとめ

今日紹介した流れというのはダミーデータを取得とインストール手順についてご説明しました。
この部分だけをピックアップして紹介している記事がなかったので、今回紹介させて頂きました。

オリジナルテーマを作成する場合はこのテストデータを使って、作成することで自分の理想のテンプレートが出来上がっていきます。
ぜひ活用してみてください 

 

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事