古物営業許可(古物商)の手数料はいくら?値段を一覧で知りたい人へ

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
古物商を始めたいんですが、値段はわかりますか?

よしたか
警察に行って確認したので、お渡ししますね。

今回は警察に行って各申請の手数料一覧を写真で撮ってきましたので、こちらは掲載させていただきます。
手数料は、公式サイトで必ず確認するようにしてください。
たまたまあったものを個人的に撮影したものですので、変更する可能性は十分にあります。

この記事を読むことで
  • 古物商を始める時の、手数料がわかります。

警察で申請する手数料

(古物営業許可手数料を見てください)

お値段

お値段
  • 新規許可 19,000円
  • 書き換え 1,500円
  • 再交付 1,300円

まとめ

今回の記事は、古物商の手数料をメインで掲載させていただきました。
その他、警察で交付するものも書いてありますが、基本的には必要ありません。
(もし質屋の営業ですとか、金属屑回収業など始める方は、これを見て少しは参考になるかもしれません。)

警察所に掲示されていると思いますので、これから取得しに行く方は、記念に見てきていいのかなと思います。

僕も実際に警察署に2回行ったので、代行取得しない方は、同じ道を通る人が多いでしょう。
今回掲載させていただいたのは古物商の取得の一助になることを期待して掲載しています。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事