LINE@をブロックする方法。企業のLINE公式アカウントが削除できなくて困ってる。

こんにちは。YOSHITAKA(@YOSHITA19704216)です。

初心者
よしたかさんLINE@を受け取ったのは良いけど、整理できないしブロックできなくて困ってます。

よしたか
え?お店から来る情報を登録しすぎて困ったんですか?

今日はLINEにたくさん登録しすぎてブロックできないんだけど

どうしたらいいの?との問い合わせがあったので回答致します。

この記事を読むことで
  • LINE@の通知をブロックする方法がわかります。
  • LINE@の通知を非表示にする方法がわかります。
  • LINE@の開封率の数字の疑問について解決します。

LINE@の連絡が多すぎるので止めたい!?

どうやら多くの人がLINE@に登録したのはいいんだけども

その後に送られてくるメッセージが

思ったより多くて困っているという方もいるとお聞きしました。

 

そこで今回はそんな方のために

LINE@のブロックの仕方についてお伝えします。

企業のLINE@通知のブロックの方法と手順

 LINE@の大まかなブロックの仕方と非表示の仕方ですが

ブロックするにはLINE@のメッセージ画面に行きます。

 

 

その後・・・・

右上にある下三角マークを押します。

下三角マークを押すと一覧が出てきますので

右上のブロックというボタンをしてください。

ボタンを押してできたら

今後その企業からのLINE@は

通知されなくなります。

 

 

 

LINE@がブロックができてるかどうかっての確認するのは

画面下にブロック中というのが出ますので

それを見て確認してみて下さい。

ブロック終了後は非表示で見えないようにする

ブロックが終了後

今度はメッセージが更新されるまで上にあるのが

ちょっと気持ちがよくないのでそれを表示させないようにします。

 

 

その方法ですが

iPhoneとスマホで少し違います。

 

 

iPhoneの場合はメッセージ一覧のところを

左にスワイプしてみると

右側に赤い文字で非表示というのが出てきますから

タップしてください。

これをすることにより

そのメッセージが表示されなくなります。

 

 

スマホの場合は・・・・・

 

メッセージ画面を長押ししてから

ポップアップで非表示というものが出てきますので

非表示のボタンがあるので押してください。

 

 

LINEの開封率は高いだけで迷惑がられている!?

今回のことで初めてわかりましたが

LINE@は開封率が高いと言われてますが・・・・・

 

とりあえず全部既読にしてるという人もいれば

ブロックの方法がわからないから

「開封率が高い」

ということも隠れていることが判明しました。

 

 

僕がお勧めするのは・・・・・

LINE@の本来の使い方は

コミニケーションツールですので

「何かお問い合わせがあったときに対応してあげるもの」がベストと考えています。

 

 

もちろん1週間に1回程度であれば

一斉配信してもいいと思います

この点は人によって感じ方がさまざまですから

答えはありません。

 

 

あなたがいろいろやってみて

1番良い配信頻度を探して下さい。

 

まとめ

 

今日は「LINE@のブロックの方法がわからない」という方がいらっしゃって

困っていたので操作方法について回答しました。

 

 

それから開封率についても説明しましたね。

 

 

開封率が高いからといって

必ずしもLINE@が良いものではないということも

発信者側としての意見も付け加えておきました。

 

LINE@を受信するときの気持ち

それから発信するときの気持ちは

知っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

その他ウェブについて情報発信してますので

私のメルマガを読んでください。

困っていた情報を受け取れます。

 

 

 

メルマガやLINE@からお問い合わせから

質問していただければ

そのお問い合わせについての回答を記事にしたりしてますので

ぜひ登録して多くの質問をいただければと思います。

 

 

また今日も記事を

お読みいただきありがとうございます。(^^)

 

メルマガよろしくです。

あなたは「Web集客」に限界を感じていませんか?

サイトをただ作るだけで満足ですか?

あなたのサービスやコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。

良いコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。

正しい知識と実践で、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えたサイトを作りませんか?

私と歩めばWebマーケティング知識とWordPressスキルが定着し、サイト回遊率、再訪問がアップします。

しかも、これだけでは終わりません!!

その先の「攻めのメディア」と組み合わせ、あなたのサービスを広めて売上を伸ばしていきます。

サイトを育てて、長い間愛されることのできるWordPressサイトからの集客導線(ゴールデンルート)を一緒に作りませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

おすすめの記事